学部・専攻科・大学院

作業療法学専攻

保健医療学部 リハビリテーション学科 作業療法学専攻

「生きる喜び」を与えられる存在になるために自立支援、維持・回復のノウハウを修得する。

身体、または精神に障がいがある人に対して、社会参加する能力を維持・回復させる作業療法士。対象とする方々は、子どもから成人、高齢者までと幅広く、対象者を援助する方法も多種多様です。カリキュラムに学内外での多彩な演習・実習を組み込み、医療・福祉の現場が求める実践力を備えた人材を育てます。
障がいを持つ方々の日常生活行為や仕事などの社会的な役割の獲得、スポーツ活動などを通して障がいを持つ方々が社会に参加して行くことを促していく方法を実践的な方法で学びます。

学科概要
目指す資格
作業療法士(国家資格)
活躍のフィールド
一般病院 精神科病院 特定機能病院 リハビリテーションセンター
介護老人保健施設 デイケアセンター 訪問リハビリテーション施設 社会復帰施設
福祉施設 特別支援学校 教育機関 研究施設
行政機関 司法関連施設 福祉用具関連企業 青年海外協力隊
etc.      
この学科のポイント
  • マンツーマン教育で将来、必要な人間性を伸ばす。
  • 学生と教員が対等な人間として個々に向き合い、マンツーマンでコミュニケーションを深めます。そのうえでセラピストに必要な人間性を伸ばすことを意識し、教育を展開します。
  • 実践的に障がいを持つ方の支援方法を学ぶ。
  • 様々な障がいを持つ方々に大学に来ていただいたり、講義で施設や地域の障がいを持つ方々の活動に積極的に参加し、社会で役割を持ち生きることの支援方法を学びます。
  • 障がいを持つ人々とふれあい、社会参加の支援方法を考える。
  • 実際に障がいを持つ方々に接し、日常生活や社会生活を営むうえでの希望などをうかがう機会を設けています。また、障がい者の趣味活動や社会参加の支援を行う企画を立案・実践します。
  • バラエティに富む顔ぶれ。教員は作業療法のプロたち。
  • 多彩な分野で活躍する作業療法のプロが先生です。そのキャリアは一般病院、精神科クリニック、認知症治療病院、介護老人保健施設、介助犬総合訓練センターなど実に多彩です。
授業Pick up!
作業療法評価学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
作業療法評価学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

作業ができる可能性を診る

障がいを持つ方々の能力を確認する方法を学びます。身体の運動機能から精神機能、生活機能等幅広く学びます。

作業療法治療学実習Ⅰ・Ⅱ
作業療法治療学実習Ⅰ・Ⅱ

作業療法支援を実践で学ぶ

地域で暮らす障がいを持つ方に大学に来て頂き、作業療法に必要な評価技術や支援を検討するための道筋を学びます。

卒業研究
卒業研究

生活を科学的に捉える

障がいをもつ方々がその人らしく過ごす方法を調査、実験等から科学的に捉えていきます。テーマは、学生自身が選定し取組んでいます。

作業療法学専攻 新着情報
過去の新着情報を見る
ページの先頭に戻る
閉じる
ページの先頭へ戻る