保健医療学部
リハビリテーション学科
Department of
Occupational Therapy

作業療法学専攻

障がいのある方と一緒に考え、
ともに作業を行い、
その願いに応える。

病気や事故により身体が不自由になった人に対して、
日常生活ができるようになるためのリハビリテーションを行うのが作業療法士。
「食べる」「着替える」などの日常生活に関わる「作業」ができるように治療や援助することはもちろん、
「仕事」や「趣味」「遊び」などが行えるようにサポートします。
子どもから高齢者まで、対象となる障がいの範囲も広いため、
その方の立場となり、情熱を持って、一緒に考え進めていくことが大切です。
作業療法学専攻では、それらを学び、経験できる学習機会を多く設けています。

大阪保健医療大学は、WFOTの認定校です。
WFOTとは、世界作業療法士連盟(World Federation of Occupational Therapists)という
国際的作業療法士の団体のことで、作業療法の国際的な推進を行うことを中心に、
作業療法の普及や発展・教育研究水準の維持・改善などを目的とする組織です。
認定を受けるには、教員数・カリキュラム・臨床実習時間数などの様々な条件が定められおり、
その教育研究の水準の高さの証明書といえます。

目標とする資格

  • 作業療法士(国家資格)
  • 初級・中級障がい者スポーツ指導員
  • 社会福祉主事任用資格
  • 福祉住環境コーディネーター

活躍のフィールド

学びのポイント

+1の学び

1.生活の質向上を支援する
独自のプログラム

リハビリテーションの目的や役割が、「自立」した生活の支援から、それぞれの人が求める「充実」した生活の支援に変化する中、作業療法士が行う「作業療法」もより幅広いアプローチが必要になっています。本学の作業療法学専攻では、それらを見据え、プラス1の学びとして、4つの視点の独自プログラムを用意しています。

2.きめ細かい対応。
授業後もフォローするスタディサポート。

授業以外にも学習支援を行う「スタディサポート」を用意しているため、授業での不明点や質問など、気軽に先生に相談できる環境を準備しています。また学生同士で学び合い、学んだ内容と学習到達点を確認し合い、自らの課題を明らかにする取り組みなども支援することで、きめ細かい学習指導を実施しています。

3.グループ活動を通して、
リーダーシップを養成する。

学年を越えた学習システム「ラーニンググループ活動(LG)」で、学生自らが考え学び、リーダーシップを養成。学生たちが活動内容を企画、予算を組み、実行し、活動後の報告と決算を行います。活動テーマは「街のバリアフリーを調査する」など様々。多様な個性と考え方の違いを認め合いながら、マネジメント能力や協調性を身につけます。

4.プロの作業療法士に
近づくための豊富な臨床実習。

●自宅から近い実習施設
学生が居住する地域から通える近畿圏内の医療・福祉施設で、作業療法学の実習を実施。さらに学生の希望に応じた実習メニューを用意しています。
●実習をスムーズにするための支援
実習期間中は教員が実習指導者と連絡を取り、円滑な実習になるように配慮しています。実習の期間中でも学内実習によって必要な知識や技術の確認も行いサポートします。

4年間の学び

分野ごと段階的に学ぶ「ステップアップ・カリキュラム」

1年次

  • 幅広い教養
  • 医療分野の基礎知識
  • 作業療法の基礎知識

2年次

  • 専門分野を学ぶ上での
    基礎学問
  • 作業療法評価技術

3年次

  • 障がい特性
  • 生活障がいの評価
  • 援助技術

4年次

  • 作業療法実践における
    専門技術
  • 作業療法士の資質

教育課程系統図

シラバスはこちら

授業PICKUP!

作業分析学

作業療法の最大の特徴となる作業について学ぶ

実際に体験しながら人間が行う生活行為の意義、分類、特性を学びます。

作業療法評価学概論Ⅰ・Ⅱ

作業ができる可能性を探る。

障がいがある方の能力を確認する方法を学びます。身体の運動機能から精神機能、生活機能等幅広く学びます。

作業療法治療学実習Ⅰ・Ⅱ

作業療法支援を実践で学ぶ。

地域で暮らす障がいを持つ方に大学に来て頂き、作業療法に必要な評価技術や支援を検討するための道筋を学びます。

卒業研究

生活を科学的に捉える。

障がいのある方がその人らしく過ごす方法を調査、実験等から科学的に捉えていきます。テーマは、学生自身が選定し取り組んでいます。