2018.04.01

イベント

❖3/25(日)オープンキャンパスレポート❖

こんにちは!

理学療法学専攻2年の岩井彩華です。

3/25(日)に行われたオープンキャンパスの様子をご紹介します。

当日、足を運んでくださった皆さん、本当にありがとうございました。

 

今回のオープンキャンパスではまず初めに、

大学の概要や大阪保健医療大学の特色である「+1(プラスワン)」について紹介しました。

サポート体制、資格対策、就職実績などの中に様々な+1の内容が充実していることを

参加者の皆さんに知っていただく事が出来ました!

 

次に、3/14~3/19までの6日間「カンボジア・スタディーツアー」に

参加した学生たちが現地での様子をご紹介しました!

この「カンボジア・スタディツアー」(海外研修)では、児童養護施設の

子どもたちとレクリエーション交流をしたり、知的障がいのある子どもたちと

サッカー大会をしたりなど、海外の福祉の現場を実際に体験することで、

国際的なリハビリテーションの観点を身につけ、新しい学びを得ることができます。

専攻関係なく参加して頂けるので、もし入学されて興味がある方は

ぜひ参加してみてくださいね。

 

学生からのメッセージでは、本学を選んだ理由や1日の過ごし方などについて紹介しました。

参加された皆さんは、入学後のイメージを少しは掴んで頂く事が出来たと思います(^^)

 

次にご紹介するのは、理学療法専攻2年の野村祐衣です!

ここからは理学療法ミニ体験の様子をご紹介します!

今回は、足首を捻挫した場合の、スポーツ競技への復帰に向けた

リハビリトレーニングについて、本学卒業生である現役セラピストの

指導のもと体験していただきました。

片脚立ちをしたままで、スクワット動作を行ったり、

不安定なマットやボールの上に乗ってバランスを保つ練習をしました。

皆さん楽しそうに体験されていたので良かったです(^^♪

バランス能力や筋力を鍛えることが大切だと言う事を、感じて頂けたのではないでしょうか。

 

最後は、作業療法学専攻2年の桃井 優です!

私からは作業療学ミニ体験の様子をご紹介します!

作業療法学専攻では2つのテーマのもと、体験を行いました。

1つ目は身体障害者、片麻痺患者の方の事例に基づいて考えました。

スマートホンを使って連絡を取りたいと希望されてる方についてです。

そこで今回は教員の指導のもと、実際に被験者とリハビリする側になって、

お互いがどちらも体験できるよう、交代で体験を行いました。

援助をすることで、実際スマートフォンの操作ができるかを確認したり、

学生や教員が直接教えたりと、いい学びができる場になっていました。

 

2つ目は健康体操を行いました。

授業でも行う健康体操を実際にしてもらいました。

皆さん、とてもいい動きで、楽しく行われていたので、ちょっとしたいい運動に

なったのではないでしょうか。このように作業療法は、障がいを持った方だけでなく、

健康な人もみんなが共通して行えるのも魅力のひとつです。

 

大阪保健医療大学のオープンキャンパスは、

私たちのキャンパスライフや理学療法・作業療法体験など、

実際に肌で感じてもらえるイベントです。

次回は、4/29(日)に入試説明会、5/27(日)にオープンキャンパスを予定しています。

皆さまのお越しをお待ちしております!

一覧を見る