2017.11.01

イベント

❖10/22(日)オープンキャンパスレポート❖

こんにちは!理学療法学専攻2年生の松本祐奈です。

今回は、10月22日(日)に行われたオープンキャンパスについて報告させて頂きます!

台風の影響で非常に足元の悪い中、沢山の方に参加していただきました。本当にありがとうございます!

 

最初の学校紹介や専攻の説明では、カンボジアの海外交流の話や障害者スポーツ、実習の時間数など大学の特徴について紹介しました。

また今回は、公募制推薦入試国語対策と面接対策があり、メモを取りながら話を聞いている方が多かったです。

 

公募制推薦入試国語対策では、解き方のコツや勉強の方法を教えてもらうだけでなく、

配布資料である過去問題集を一緒に開いて実際の問題を見ながら一つ一つわかりやすく学ぶことができました。

「なるほど!」と思うことや、受験の前に知っておきたい情報をたくさん知ることが出来ました。

面接対策では、大学に提出する自己アピール用紙の埋め方や、印象の良い自分の見せ方等を考えることができました。

私も今後、就職活動でぜひ参考にしていきたいなと思います!

 

続いては理学療法・作業療法ミニ体験についてです!

理学療法学専攻のミニ体験では、「なぜ人は転ぶのか?~転倒のなぞについて考える~」というテーマから、若者の転倒について考えました。

高齢者は身体能力が低下することで転倒のリスクが増えます。

しかし、若者の場合には、歩いている最中に何か別のことを同時に行うことで

歩行に対する注意力が低下してしまい、転倒する可能性が高くなるようです。

実技体験では、身体を動かしながら野菜の名前を出来るだけ多く言うゲームで試してみると

本当に野菜を思い出すことに集中するだけで、身体の動きが止まってしまうことが多く、

参加者の皆さんも注意力が低下していることを体感することが出来たと思います。

 

作業療法ミニ体験では、「作業療法de地域交流!」というテーマでした!

今回は、学生がグループで考えた健康体操を地域の敬老祝賀会で発表した時の様子を紹介しました。

他にも、お祭りで日常の便利グッズを紹介したときの発表をしました!

最後には、実際に学生が考えた間違い探しや脳トレクイズを紹介してみんなで考えました。

答えの分かった人が手を挙げて答えるなど、とても楽しい時間を過ごせました。

本学では、地域の中学校や敬老祝賀会などに、たくさん参加させていただいています。

1年生~3年生が一緒にプログラムを考える機会が多く、学生生活の楽しみの一つでもあります!

 

最後の学生交流では、入試時のことや面接についての質問が一番多かったと感じました。

また、この学校に入ってよかったと思うところについての質問もあり、

色々なお話をすることが出来たので良かったです!

 

オープンキャンパスでは本学の魅力を少しでも多くご紹介できるよう、毎回様々なプログラムを用意しています。

少しでも気になった方は、次回以降のオープンキャンパスに是非ご参加ください!

皆さんとお会いできるのを楽しみにしています(^^)/

 

次回オープンキャンパスは11月19日(日)10:00~です。

一覧を見る