教育訓練給付金制度

社会人または社会人経験のある方へ
教育訓練給付制度(専門実践教育訓練)により
最大(2年間)96万円支給されます

大阪保健医療大学の言語聴覚専攻科が厚生労働省より「専門実践教育訓練講座」の指定を受けました。

教育訓練給付制度(専門実践教育訓練)とは?

一定の条件を満たすことで、教育訓練経費(入学金・授業料)の40%(2年間で最大64万円)相当が2年間支給される制度です。
学費を納付後、半年ごとに支給されます。キャリアアップを目指す在職者・離職者を支援する制度です。

さらに本学を卒業後、1年以内に言語聴覚士の資格を取得し、 雇用保険の被保険者として雇用された場合は、
20%(2年間で最大32万円)※1の追加支給を受けることができます。
最高で合計60%(2年間分で最大96万円)※1支給されるため、社会人の方は必見!
※1 学費の一部が減免されている場合は、差し引いた上での合計額が対象となります。

対象となる人は

  • 本学に入学する時点で、通算して2年以上の雇用保険の被保険者期間を有している在職者
  • または、過去に通算して2年以上の雇用保険の被保険者期間を有し、入学日からさかのぼって1年以内の離職者

給付を受け取るための流れ

  1. これまでの雇用保険による給付状況や諸条件により、受給できない場合がありますので、最寄りのハローワークで、給付できるか必ずご確認下さい。

    ハローワーク

  2. 専門のキャリア・コンサルタントによる訓練前キャリア・コンサルティング※2を受けて、
    就業の目標、職業能力の開発・向上に関する事項を記載した「ジョブ・カード」※3の交付を受ける必要があります。
    ※2 キャリアコンサルタントについては、最寄りのハローワークにお問合せ下さい。
    ※3 ご自身の能力や将来への希望などを整理し、明らかにしていくツールです。
  • 申込期日は1ヵ月前!

    申請は、入学の1ヵ月前までに手続きを行う必要があるので、キャリア・コンサルタントを受ける期間を考え、できるだけ余裕を持って、ハローワークに行くことをお勧めします。そうしたことから、本学への早めのご出願をお勧めいたします。