2019.08.21 言語聴覚専攻科第2回 言語聴覚専攻科研修講座を開催しました

先日、今年度2回目の言語聴覚専攻科研修講座を開催しました。
講師は、鵜飼リハビリテーション病院の森田秋子先生。
「CBAと会話を用いた言語聴覚士のための高次脳機能障害の評価とアプローチ」というテーマでした。
会話を用いた高次脳機能障害の評価やアプローチという内容は、森田先生ならではの視点で、全国から申し込みがあり、たくさんの方が参加されました。
臨床場面の映像が満載の5時間。ご講演はあっという間に過ぎました。
知識を得ること以外に、「明日からもがんばろう!」と思う力をもらえるお話だったと参加者の方からたくさんの声をいただきました。
聴き終わって元気になれる講演。すばらしいですね。
そういう研修会を開くことができ、とてもうれしく思っています。
森田先生、ありがとうございました。
リクエストもたくさん届いていますので、是非またよろしくお願いいたします!

一覧に戻る

学部・専攻科・大学院

保健医療学部
リハビリテーション学科

専攻科