2019.01.15 作業療法学専攻タイには3種類のカレンダーがあって。。。???

1月12日  臨床実習指導者会議と合わせて、チェンマイ大学の作業療法士による特別講演が開催されました。
本学とタイ北部にあるチェンマイ大学の保健医療学部とは協定を結んでおり、講師を招聘しました。
本専攻学生と実習指導者合わせて100名ほどがタイの作業療法について学びました。
カレンダーの写真を見てください。
タイでは、高齢者がお寺に行く日を確認する太陰暦のもの、中国のカレンダー、
そして我々日本人も使う太陽暦の3種があります。
時に、太陽暦しか知らない若い作業療法士と太陰暦を使う高齢者が日時の話で
かみ合わず笑い話になることがあるそうです。
また、収集癖があってどこかしこからビンや空き缶を拾ってきてしまう高齢者への作業療法では、
市役所のごみ収集を調整し、リサイクルでその高齢者にお金が支払われるシステムが
運用されるようになった事例が紹介されました。
つまり、収集癖を収入に結びつけたというわけです。
 
他にも多くの実践例が紹介され、作業療法の視野が随分広がったように思います。

一覧に戻る

学部・専攻科・大学院

保健医療学部
リハビリテーション学科

専攻科