言語聴覚士とは

リハビリテーションの
スペシャリスト

言語聴覚士(Speech-Language-Hearing Therapist/ST)は、生まれつきの障がいや病気などにより、話すことや聞くことに不自由がある人に対して、コミュニケーションの回復を支援する仕事です。また、言語や聴覚だけでなく、食べることや飲み込むことが難しい方も言語聴覚士が行うリハビリテーションの対象になります。つまり、言語聴覚士が行うリハビリテーションでは、「話す」「聞く」「食べる」の支援ということになります。

また、今後は病院やリハビリテーション施設だけでなく、地域で高齢者を支えていく活動も重要になっているため、訪問リハビリなども言語聴覚士の活躍の場となっています。

本学では、臨床現場で実践力を発揮できる、優れた言語聴覚士の養成に照準を定め、的確な指導で広く社会に受け入れられる医療専門職へと導きます。

言語聴覚療法の具体例

言語聴覚療法は、対象者の方のQOL向上のため、コミュニケーションや食事について困難なことやその方ができることを明らかにし、能力を改善するための訓練や代償手段の活用、環境調整などを実施するリハビリテーションです。以下は評価や訓練手法の一例です。

子どもの検査場面
失語症訓練の一場面
摂食嚥下訓練の一場面

言語聴覚士の役割

言語聴覚士は、「話す」「聞く」「食べる」に関するリハビリテーションの専門家です。
その対象は、病気や発達障がい、加齢などが原因で「声が出せない」「耳が聞こえない」「人と上手に交われない」「食事がうまく食べられない」など多岐に渡ります。また、年代も、赤ちゃんから高齢者まで幅が広いのも特徴です。
それらの方に対し、その原因を突き止め、改善のための治療プランを立案し実践することで、対象の方やそのご家族を支援します。

言語聴覚士として大切なこと

リハビリテーションは、長期的なスパンで実施する必要があることも多く、短期間ではすぐに成果が出ないことがあります。よって、言語聴覚士には、根気や粘り強さが求められます。また、人間の言語能力についてはまだ解明されていない点も多く、患者さんが抱える問題の原因も多岐に渡るため、粘り強く原因を探り、解決策を考えることも重要なスキルになってきます。

大阪保健医療大学の詳しい紹介はコチラ