先輩の声

同じ目標を目指している環境がとても良い刺激になります。

保健医療学部
リハビリテーション学科
理学療法学専攻

加地 秀彰さん

愛媛県立新居浜西高校

目指すきっかけ

僕自身が以前野球で怪我をした際に理学療法士の方にお世話になったことがこの仕事を知ったきっかけです。その後、理学療法士に興味が湧き、いろいろ調べていく中で、スポーツの分野で、選手の身体をケアしたりと、チームを影から支えている理学療法士の姿を目の当たりにし、自分もこういう仕事をしたいと思ったからです。

どんな理学療法士を目指すか

私は将来、理学療法士としてスポーツ選手のサポートをしていきたいと考えています。具体的には、選手の怪我の治療、トレーニングメニューの考案などを通して、影から選手を支えていきたいです。今まではプレイヤーの立場でスポーツに関わっておりましたが、今度は理学療法士としてスポーツ業界の発展に貢献できればと考えています。

本学を選んだ理由

理由は2つあります。1つ目は、オープンキャンパスに参加した時、先輩方がとても明るく、今まで抱いていた医療系の大学のイメージが大きく変わったことです。大学に入る前にやっておいた方が良いことや、不安なことをに対してしっかりと答えて頂き、とても安心できました。2つ目は、豊富な実習時間が確保されている点です。実際に体を使って知識・技術を修得する実習は、体を動かすのが好きな自分に適していると感じました。

今、頑張っていること

スポーツの分野で活躍できる理学療法士になるためには、より多くの知識や技術が必要だと知りました。よって、最近では、学校の教科書以外にも、自分で購入した参考書を少しずつ読んでいます。ただ、学校の授業との両立は時間的にもなかなか厳しいので、少しずつ続けていこうと思っています。

後輩へのメッセージ

私は、ひとつのことに継続的に取り組むことがあまり得意ではありません。しかし、大学には私の苦手なことを得意としている友人・仲間が大勢います。自分にないもの、自分より優れた部分を持つ人が、同じ目標を目指しているという環境は、私にとってとても良い刺激になり、自分自身も少しずつ影響を受け、成長できている実感があります。このような互いに成長できる環境がある本学は、理学療法士を目指すのに最適な学校だと思います。

自分にしか出来ないことが必ずあると思います。その長所を大切にして欲しいです。

保健医療学部
リハビリテーション学科
作業療法学専攻

山本 愛也さん

大阪府立藤井寺高校出身

目指すきっかけ

中学の頃から、手芸に興味があり、指編みやお菓子の食品サンプルをよく作っていました。それを見た母が、「手を動かしたりするのが好きならこんな職業があるよ」と勧められたのが、この職業でした。それをきっかけに、作業療法士のことを調べるようになりました。例えば、展示会で出展している病院のブースに作業療法士がどのように活躍しているかなどの話を聞ききに行ったり、自分で病院にアポを取って、実際に見学させて頂いたこともありました。その際に、作業療法士の方と話していた患者さんの顔が徐々に笑顔になる光景を見て、この職に就きたいと思いました。

どんな作業療法士を目指すか

将来は、高齢の方に対する作業療法を行いたいと思っています。特に、認知症の方が自宅や施設で安心して暮らすことができ、患者さん自身やその家族が、友人や職場などの社会から孤立せず、笑顔で生活を送れるようにサポートしたいと考えています。また、患者さんに対する機能回復訓練や、家屋や周りの人に対する環境調整などをしっかりとできる作業療法士を目指したいです。

本学を選んだ理由

オープンキャンパスで一人でいた時に、スタッフの先輩に声を掛けて頂きました。その先輩から、「授業は課題や実習があって大変やけど、皆で協力して解決するから、やりがいがあって楽しいよ」と言ってもらったことが決め手になりました。

今、頑張っていること

授業後、二週間以内に復習ノートを作っています。課題や実技の予習などで時間の確保が難しいですが、授業で学んだことを忘れないようにするために頑張っています。また、二年生の冬には、介護保険の仕組みを理解した上で住宅改修の計画などを提案する福祉住環境コーディネーターの二級と三級を取得しました。

後輩へのメッセージ

私はもともと勉強が出来る方ではありませんでした。ですが、興味を持ったことに対して熱中すること、その熱が冷めにくいことについては、自分の強みだと思っています。例えば、勉強や実習で難しい課題に直面したときなどには、徹底的に考え抜き、課題解決に取り組みます。高校生の皆さんにも、自分にしか出来ないことが必ずあると思います。たとえそれがちっぽけでも、その長所を大切にして欲しいです。そして、それが作業療法などの仕事に活かせる可能性が大いにある、ということを知って欲しいです。

国試に合格することがゴールではなく、そこからがSTとしてのスタートです。

言語聴覚専攻科

中原 汐夏さん

国際基督教大学出身

目指すきっかけ

大学卒業後、より多くの人に社会貢献したいという考えから医療系民間企業に勤めていましたが、働いているうちに、もっと患者さんの近くで働きたいという思いが強くなりました。もともと大学では演劇と心理学を研究していたので「ことば」や「脳」に関心があり、言語聴覚士の職業を知った時は、まさに「これだ!」と感じたのを覚えています。

入学後の学生生活

まずどの先生も、教えている分野に誇りと熱意を持って教えてくださるので、大変刺激を受けます。苦手意識があった物理系科目(音響学)も、先生のおかげで好きになりました。また日頃から、質問をすると丁寧に教えてくださったり、参考資料もくださるので、実習等において自分で考えなければいけない場面でも、そのときの指導がとても役に立ちました。加えて、グループワークも多いので自然とクラスメイトとは仲良くなれます。立地が天満橋ということもあり、空きコマにクラスメイトとカフェランチなど気軽に息抜きができる環境です。

本学を選んだ理由

数ある学校の中でも「臨床家を育てる」ことを第一の理念に掲げている本学に魅力を感じ、当校に決めました。

今後の目標

どの分野を専門としても、患者さんに親身に、しかしプロとして分析する目線を持つことができるSTになりたいです。実習中から、患者さんはとにかく自分の話を聞いてほしいのだと実感しました。多忙な医師や看護師に話せないことも、私たちセラピストにはふとした瞬間に話してくださいます。その声をしっかりと受け止めつつ、どういった障がいが原因で患者さんが困っているか見極める目を持つST像が目標です。

後輩へのメッセージ

国試に合格することがゴールではなく、そこからがSTとしてのスタートです。学費や実習期間など懸念要素もありますが、卒業時点でどんな新人STになっていたいかをぜひ考えながら選ぶと、入学後の後悔が少なくて済むと思います。また、勉強についていけるか不安な方も多いと思いますが、大阪保健医療大学の先生は懐深くがっちりとサポートしてくださいます。STになるという硬い決心で飛び込めば、必ず勉強の成果は後からついてきます。