プラス1の研究施設

リハビリテーションの可能性を広げる
充実の「リハビリ×スポーツ」の学び

彩都キャンパス彩都スポーツ医科学
研究所の役割

POINT
01
病態の解析、新規リハビリテーション治療の開発
POINT
02
スポーツパフォーマンス向上プログラム開発
POINT
03
スポーツ傷害、加齢病変の発症予防法の確立
POINT
04
スポーツを取り入れた健康増進プログラムの開発
設備内容
三次元動作解析システム力を測る「床反力計」、関節の動きを測定する「動作解析装置」で構成され、人の動作を数値に置き換え、3Dアニメーションで表現することができるビジュアル装置。
筋電計・筋電図解析システムスポーツ動作時の筋肉の活動を計測し分析する装置。三次元動作解析システムとも連動し、運動の科学的な分析が行えます。
ランニング・ジャンピングデータ収集システム約3㎝ごとにセンサーが張りめぐらされた20mの走路。各地点ごとの速度は加速度、着地時間、ストライドなどの詳細なデータを測定することが可能です。

アスレティックリハビリテーション施設(総人工芝によるグラウンド、傾斜トレーニング用トラックフィールド、屋内体育館)、三次元動作解析装置(Vicon、画像装置、計測装置など含む)、スポーツリサーチセンター(研究開発室、情報処理室、制御室)、運用室、会議室(50名程度収容)

スポーツ科学にフォーカスして、リハビリテーション医療に貢献します。

リハビリテーションの重要なテーマに、スポーツ傷害の予防・治療があります。この研究に注力しているのが「彩都スポーツ医科学研究所」です。三次元動作解析装置など最新の機器を備え、学生たちの学術研究の深化・発展に貢献。またアスリートの活動支援や、地域に開かれた健康増進のための施設としても機能しています。そして、人工芝グラウンド、傾斜トレーニング用トラックフィールド、体育館、会議・セミナー室、情報処理室など充実の最新設備を整え、人の動きを解析・究明して、運動器リハビリテーションの実践・向上に役立てています。さらに、地域の小中学校やスポーツクラブとも連携し、スポーツを取り入れた地域の健康モデル開発など、未来に開かれたリハビリテーション医療を創造しています。

リハビリ×スポーツ(競技スポーツ)

最先端技術によるアスリート動作解析

スポーツ界で活躍する一流選手を科学的に分析。

2020年東京五輪に向けて、期待の選手を紹介するテレビ番組の企画の中で、ラグビー界のスピードスター・松井千士選手(同志社大学卒)の動作解析を本学教員が担当。スピードを武器とする松井選手の動きの解明に貢献しました。

アスリート支援

アスリートたちの活躍をスポーツ科学の視点でサポート!

彩都スポーツ医科学研究所は、スポーツチームへのメディカルサポートを実施します。日本社会人アメリカンフットボールXリーグ所属の「アサヒ飲料チャレンジャーズ」のメディカルチェックやシーズンを通してのメディカルサポートの実績があり、スポーツ科学の視点からチームのバックアップをします。

スポーツデバイス開発

スポーツシーンを進化させる他大学、企業との共同研究。

研究活動は大阪大学をはじめとする全国の大学、研究機関、民間企業などと広範に共同で行っています。たとえば、スポーツウェア着用時の動作と疲労の関係を検証し、商品開発に役立たせました。

リハビリ×スポーツ(生涯スポーツ)

障がい者スポーツイベントの開催

働く障がい者の余暇支援に貢献。

一般企業や福祉の場で働いている知的障がいのある方々が、生涯スポーツを楽しめるようなサッカーイベントを開発しています。学生や卒業生、教員が相談しながら、プログラム内容やコーチングの仕方、リスク管理、会場の確保などを検討しています。中には研究テーマとし、効果検証や実態調査に励む学生や卒業生もいます。健康づくり、仲間づくりを目的に、障がいのある方だけでなく、障がいのある方を雇用している会社の従業員、福祉施設の職員、理学療法士や作業療法士、サッカーに興味のある方など、年々参加者は増え、盛り上がっています。学生はスポーツの企画・運営を通して、様々な方々とふれあう中で、多くのことを学んでいます。

バスケットボール教室のサポートで障がい者の交流拠点づくりに協力。

高等支援学校の生徒が、卒業後もスポーツを通して友人や在学生、さまざまな人々と交流できるよう、拠点を作るプロジェクトに学生が参加、協力。地元のプロチームからコーチを招いて開催する障がい者バスケットボールスクールで、学生たちがブースターやサポーターとなって盛り上げています。

地域社会への貢献活動

子どもたちの体力測定をはじめ、地域に開かれた健康モデルをプログラム。

彩都スポーツ医科学研究所では、地域の各団体と連携し地域社会の健康増進に貢献します。「子どもの健康増進、傷害予防プログラムの開発」はその一例で、体力や運動機能が低下傾向にある現代の子どもたちの実状を解明するための体力測定を実施。健康増進のためのプログラムを構築します。


PAGE TOP