学問、技術、精神を兼ね備えた実学教育を目指して

TOP > 作業療法学専攻 > 作業療法学専攻の特色


保健医療学部 リハビリテーション学科 作業療法学専攻

作業療法学専攻の特色

社会に参加する能力の維持・回復と自立支援へのアプローチを学ぶ

作業療法士を必要とする領域は子供から成人・高齢者まで、そしてその身体障がい・精神障がいと多岐にわたります。また、対象者を援助する作業療法の方法もさまざまです。そのため、専門的な知識・技術の習得とともに、学内外での豊富な実習を盛り込んだカリキュラムを組み、さらに障がい者に“生きる悦び”、“自立する力”を甦らせる人間性ゆたかなセラピストを育てます。また、地域の催しやクラブ活動にも学生が帯同し、障がい者の社会参加を実現する作業療法教育を実施します。

社会に参加する能力の維持・回復と自立支援へのアプローチを学ぶ

作業療法士(Occupational Therapist)とは… 

作業療法士(Occupational Therapist)とは…

いきいきとした暮らしができるよう、障がいを持つ人の生活をデザインする!

身体又は精神に障がいのある方に対し、主に社会的適応能力の回復を図るため、日常生活動作、上肢の運動機能、高次脳機能、精神機能の向上を目的とした治療・指導を行います。
また、生活するための機能を補うための道具(自助具・装具など)の製作や利用のための訓練を行います。子供から高齢者まで、日常生活に障がいを持つすべての人の自立を支援し、生きる喜びを見出すためのサポートをします。

ページの先頭へ