学部・専攻科・大学院

大学院

研究テーマ

脳神経疾患身体障害支援学領域

リハビリの最先端と介入技術を学び、障がいを改善に導く真の支援者に。

脳卒中や神経変性疾患などで身体機能の障がいをかかえる人が、より良い生活を実現するために、障がいを改善に導く高度で専門的な保健医療を提供する知識・技能の修得を目指します。リハビリテーションに関する最新の知識をはじめ、的確な介入が実践できるスキルの獲得、脳機能解剖や脳刺激法を取り入れた介入技術の開発などの教育研究を通じ、日常生活活動の支援方法を確立します。高度専門職(理学療法士、作業療法士など)の育成が目的です。

運動器疾患・スポーツ傷害身体障害支援学領域

バイオメカニクスの知見も取り入れ、身体機能の回復と向上に貢献する。

運動器疾患やスポーツ傷害などで障がいを負う人に対し、生活活動の改善を提案・実践できる専門知識と技能を修めます。バイオメカニクス的な知見を科学的根拠に採用した介入技術、リハビリテーションの最新の知識などを具体的、実際的に身につけて、対象者が日常生活はもちろん、再びスポーツが楽しめる高度な身体機能の回復に向けて、支援できる力量を備えます。アスリートたちの気持ちに寄り添える、ハイパー・セラピストになることが目標です。

認知・コミュニケーション障害支援学領域

言語聴覚士など高度な医療専門職を育成する。

認知障がいや言語障がい、聴覚障がいを含むコミュニケーション障がいに対する、的確なリハビリテーションを実践できる知識・技能の獲得を目指して学修します。対象者の生活改善を目的に、生活機能を科学的に分析し、科学的根拠に基づいた手法を用いることが可能な言語聴覚士などの高度な専門職や医療従事者の育成を推進。リハビリテーション医療の明日を拓く人材の養成に余念がありません。

健康生活支援学領域

有意義な日常生活を提供できる知識と技術を身につける。

健康=「日常生活を送るのに、必要な最低限度の心身機能の条件が十分に満たされている状態」と定義。要介護状態や感染・疾病を予防する方法を修得し、その内容を対象者や地域の人々にわかりやすく説明・提供できるスキルを培います。また、障がいをかかえる対象者が日常生活を有意義なものにするために、生活機能を維持・増進させていく知識・技術を獲得することを目的に、学修と研究に励みます。

ページの先頭に戻る
閉じる
ページの先頭へ戻る