学部・専攻科・大学院

大学院

大学院の特色

「これなら学べる!」と好評。社会人を対象にした夜間開講制を導入。 社会人が働きながら就学できるように配慮した夜間開講制を採用。さらに通常の夜間開講時間に受講できない学生に対し、土曜日(9:00~17:50)、夏季休暇(9:00~17:50)に5コマの集中講義を用意。社会人の就学環境に柔軟に対応します。

専門的技能修得に向けた包括的・多角的な理解を促進。 脳神経疾患身体障害支援、運動器疾患・スポーツ傷害身体障害支援、認知・コミュニケーション障害支援、健康生活支援の専門的な基礎知識を包括的に学修。総合的に生活機能支援を理解し、高度専門職として現場や社会にその知識や技能を還元できる人材育成にポイントを置いています。

臨床・臨地実践との結びつきを重視した「特論演習」。 運動力学の視点から実践的に学修する必要のある演習では「彩都スポーツ医科学研究所」を活用。また、脳神経疾患に起因する身体障がい者の臨床的演習では、医療現場を演習場所に選択。臨床・臨地実践との結びつきを重視します。

社会への還元を目的に「特別研究」に取り組む。 あくまでも学び取ったことを社会に還元することを目的に「特別研究」を設置。「修士論文」または「課題研究」を選択し、現場で活用できる普遍的な結論を導き出すために、実験・研究を行い、高度な専門知識と技能を確固たるものにします。

ページの先頭に戻る
閉じる
ページの先頭へ戻る