学部・専攻科・大学院

理学療法学専攻

在学生からのメッセージ

  • 投球障がいを勉強中。スポーツに興味があり、やりがいは十分です。

    ゼミで投球障がいについて勉強中。三次元動作解析装置を使い、科学的根拠に基づいて、治療や練習方法をどう指導できるかを研究しています。興味のあるスポーツ分野を深く学ぶことができ、やりがいは十分です。困った時に先生にアドバイスをいただいたり、他のゼミ生と助け合えるのも、貴重な経験。いろんな授業やゼミ、今後の臨床実習で学んだことを、仕事に活かしていきたいです。

    井藤 優人さん
    富山県立滑川高校出身
  • 勉強の方法を教えてもらえる補習は、理解力を高める貴重な時間。

    OHSUでは学年を越えたグループ学習があったり、ホームルームでの国家試験対策の特別授業が用意されていたり、多面的に学ぶ機会があり理解力が高まります。勉強の方法まで教われるので、ホームルームは貴重な時間です。

    濵本 莉沙さん
    兵庫県私立百合学院高校出身
  • 学生同士でじっくり話し合って、答えを見つけ出していく過程が面白い。

    父がアキレス腱断裂の治療で通院した折、理学療法士の存在を知り関心を持つようになりました。患者さんのことを第一に考えて行動する姿に感動し、僕もそうなれたらと。OHSUは少人数制教育なので、学生同士が教え合うだけでなく、じっくり話し合って答えを見つけ出していける学習環境が気に入っています。学ぶ面白さにあらためて気づきました。

    古市 圭祐さん
    大阪府立堺西高校出身
  • 本格的な実技練習と実習で知識と技術を身につけたい。

    3年になり、各自が興味を持っていることについて調べる卒業研究がスタート。授業では、物理療法学実習や日常生活活動学実習などの実技練習が増え、臨床で必要となる技術などを学んでいます。1週間実習と3週間実習や、学内の先生と外部の先生が評価するOSCEという本格的なテストもあるので、しっかり勉強して知識と技術を身につけたいです。

    相川 美南さん
    大阪府 私立大阪夕陽丘学園高校出身
  • じっくり腰を据えて学習に集中できるアットホームな環境。

    現在は医療のことを学ぶための基礎として、解剖学、生理学、運動学総論などを学んでいます。高校で野球部に所属していて、1年の時、肘を手術しました。その後のリハビリを担当してくれたPTの先生に憧れたのが、この道に進んだきっかけ。日本を代表するスポーツ選手をサポートできるPTになるのが目標です。

    鈴木 元さん
    和歌山県立那賀高校出身
  • 実技練習が増え、実習に向けての学習が充実。

    ROM(関節可動域)、MMT(徒手筋力検査)の実技練習に励んでいます。学年が上がるにつれて実技練習が増え、実習に向けての学習が充実してきました。OHSUへの入学の決め手は、オープンキャンパスに行った時の雰囲気の良さです。高校2年の時の職場体験で、素敵な笑顔で患者さんに接する理学療法士の姿を見て、自分も目指したいと思いました。

    北山 佳樹さん
    石川県立鹿西高校出身
ページの先頭に戻る
閉じる
ページの先頭へ戻る