保健医療学部
リハビリテーション学科
Department of Physical Therapy

理学療法学専攻

医療・福祉・スポーツ分野で
病気やケガの患者さまの
動作回復を目指す。

病気や外傷などによって障がいが生じた人々に対して、
運動・物理療法や日常生活動作の練習によって、運動機能や日常生活動作の回復をはかる理学療法士。
医療や福祉の分野はもちろん、スポーツチームのメディカルスタッフとしても活躍のステージを広げています。
障がいを持つ対象者と向き合う実学実習を用意し、コミュニケーション能力とともに理学療法の実践・技術力を磨きます。
同時に人間教育にもウエイトを置き、誰からも信頼されるセラピストを育成します。

目標とする資格

  • 理学療法士(国家資格)
  • 初級・中級障がい者スポーツ指導員
  • 社会福祉主事任用資格
  • 福祉住環境コーディネーター

活躍のフィールド

学びのポイント

+1の学び

1.「医療」をベースとしながら、
「福祉」「スポーツ」と幅広い
リハビリテーションを学ぶ。

運動機能回復のスペシャリストである理学療法士は、その専門家として、年々、その活躍のフィールドが広がっています。本学の理学療法学専攻では、それらの時代の要請に合わせ、「医療」現場だけではなく、「福祉」や「スポーツ」の現場でも活躍できる理学療法士を目指せる環境を用意しています。

2.実習は1年次からスタート。実力を磨くチャンスは豊富にある。

授業で学んだ理論をしっかり身につけるとともに、実践・技術力を磨くことを目的に、1年次から提携病院で実習を行います。教員のサポートのもと、学習のステップに応じた実習機会を設けています。

3.医療機関と同レベルの
実習機器が支える実践教育。

運動の分析やトレーニングに、医療機器を使用する理学療法士。本学では医療機関と同等の実習機器を用意し、リハビリテーション医療を実践的に学べるように配慮しています。

4.多彩な臨床の現場を知るプロが、学生の希望をかなえるために指導。

教員は病院、介護老人保健施設、訪問看護ステーション、教育機関など、さまざまな臨床の現場を知っているプロ揃い。スポーツ分野をはじめとする学生のあらゆる志向に応えます。

4年間の学び

分野ごと段階的に学ぶ「ステップアップ・カリキュラム」

1年次

  • 幅広い教養
  • 医療分野の基礎知識
  • 理学療法の基礎知識

2年次

  • 専門分野を学ぶ上での
    基礎学問

3年次

  • 障がい特性
  • 生活機能の評価
  • 援助技術

4年次

  • 理学療法実践における
    専門技術
  • 理学療法士の資質

教育課程系統図

シラバスはこちら

授業PICKUP!

運動学総論

人の運動の仕組みを理解しよう!

手や足が動く仕組みや「立つ」「歩く」などの運動の仕組みについて理解します。骨標本や人体に触れながら、具体的に確認しながら学んでいきます。

運動療法学Ⅰ

最も効果的な運動で、機能回復を目指す!!

人の身体の仕組み(解剖学・生理学)や運動の仕組み(運動学)をよく理解したうえで、身体の障がいにおける機能回復の方法や障がい発生予防の方法を学びます。

運動器障害理学療法治療学Ⅲ(スポーツ傷害)

講義と実技演習の組み合わせで
「使える知識」を身につける!

座学にて整形外科学で学んだ疾患の知識を復習し、疾患に応じた理学療法評価と治療の基礎を学びます。座学の次の授業は学生同士で実際に評価や治療を行い、自らの身体を使って実技と知識の理解を深めます。座学と実技を繰り返し、臨床実習で経験することが多い運動器(整形外科)疾患の評価と治療の流れを理解。

総合理学療法学Ⅱ

学んだこと全てにおける集大成。

3年次までに学んだことを実際の現場で整理し統合する4年次の総合臨床実習を終了した後に履修する科目です。ここまでに学んだ内容を国家試験の出題内容をふまえて確実なものとする、大切な学びの機会となります。