学部・専攻科・大学院

理学療法学専攻

保健医療学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

身体動作の仕組みを熟知し、人間としての機能を回復させたい人々の望みに応える。

病気や外傷などによって障がいが生じた人々に対して、運動・物理療法や日常生活動作の練習によって、運動機能や日常生活動作の回復をはかる理学療法士。医療や福祉の分野はもちろん、スポーツチームのメディカルスタッフとしても活躍のステージを広げています。障がいを持つ対象者と向き合う実学実習を用意し、コミュニケーション能力とともに理学療法の実践・技術力を磨きます。同時に人間教育にもウエイトを置き、誰からも信頼されるセラピストを育成します。

学科概要
目指す資格
理学療法士(国家資格) 初級・中級障がい者
スポーツ指導員
社会福祉主事任用資格 福祉住環境コーディネーター
活躍のフィールド
一般病院 地域医療支援病院 特定機能病院 リハビリテーションセンター
介護老人保健施設 訪問リハビリテーション施設 デイケアセンター 行政機関
教育機関 保健所 スポーツ施設 etc.
この学科のポイント
ポイント01:セラピストとして必要な知識・技術・態度を身につけるための指導体制。
臨床現場で対象者と1対1で向き合うことが求められる理学療法士。それを念頭に置き、全学年複数のチューター(担任)を配置し、学生一人ひとりと向き合い、学習状況に応じた指導を実施しています。
ポイント02:実習は1年次からスタート。実力を磨くチャンスは豊富にある。
授業で学んだ理論をしっかり身につけるとともに、実践・技術力を磨くことを目的に、1年次から提携病院で実習を行います。教員のサポートのもと、学習のステップに応じた実習機会を設けています。
ポイント03:医療機関と同レベルの実習機器が支える実践教育。
運動の分析やトレーニングに、医療機器を使用する理学療法士。OHSUは医療機関と同等の実習機器を用意し、リハビリテーション医療を実践的に学べるように配慮しています。
ポイント04:多彩な臨床の現場を知るプロが、学生の希望をかなえるために指導。
教員は病院、介護老人保健施設、訪問看護ステーション、教育機関など、さまざまな臨床の現場を知っているプロ揃い。スポーツ分野をはじめとする学生のあらゆる志向に応えます。
授業Pick up!
運動器系の解剖学
運動器系の解剖学

人体の構造を知ることから始まる!

セラピストになるための第1歩は、人の体のつくりを覚えることです。筋肉や関節の構造など、覚えることは山ほどありますが、興味を持って学べるように「おもしろ解剖学」を実践しています。

運動学各論
運動学各論

人の運動の仕組みを理解しよう!

手や足が動く仕組みや「立つ」「歩く」などの運動の仕組みについて理解します。骨標本や人体に触れながら、具体的に確認しながら学んでいきます。

理学療法評価学実習
理学療法評価学実習

正しく障がいを捉え、治療につなげる。

身体の形態や機能、運動能力、日常生活、社会参加の状況を正しく測る手法を身につけます。評価技術の獲得は特に重要。1~3年次まで5科目が設定されています。

理学療法学専攻 新着情報
過去の新着情報を見る
ページの先頭に戻る
閉じる
ページの先頭へ戻る