学部・専攻科・大学院

作業療法学専攻

在学生からのメッセージ

  • 触発され、活動的になれる授業やイベントがギッシリ詰まっている。

    知的障がい者サッカー普及活動での数々の出会い、基礎ゼミナールで行われる多彩な職種の方々の特別講義…など社会に目を開く機会が豊富にあります。それに触発されて、初対面の人にも積極的に話しかけ、コミュニケーションをとるようになりました。卒業後は作業療法士としてはもちろん、日常生活においても周囲と良好な関係をつくれる社会人になりたいです。在学中に出会いを通してさらに自分を磨きます。

    鎌倉 綾乃さん
    大阪府立花園高校出身
  • ひとり暮らしを経験し、精神的にもタフなセラピストに。

    高齢化が進み、ますます重要になるリハビリテーション。そのなかで作業療法は、遊びを利用するところに、他の療法にはないユーモアを感じました。充実した実習や、先輩・後輩のつながりの強さ、国家試験合格率の高さが決め手となって、OHSUに進学。駅から近く、放課後に友達といろんなところに遊びに行けるのもいいですね。

    小山 柊人さん
    滋賀県立国際情報高校出身
  • 大好きな祖父の入院で知ったOTに、私もなりたくて。

    セルフケアのサポートやリハビリを行うことによって、その人らしさを取り戻していく作業療法士の仕事に、とても魅かれました。OHSUは学生同士の交流が深く、わらからないことをみんなで調べ、話し合って解決できるところ。試験前には教え合って信頼関係を築いています。ライバルとして、仲間として、意識を高め合いながら学べるので、本当によかったと思います。

    吉田 櫻さん
    大阪府 私立天王寺学館高校出身
  • 講義で学んだことを実習で確認し、自らの課題を洗い出す。

    人間の身体の構造や機能について基礎から詳しく勉強するとともに、作業療法とは何か、作業療法に必要な技術などを実技を交えて学んでいます。自分やクラスメイトの身体を使った講義や、医療施設にうかがって現場の空気に触れる実習がたくさんあります。

    大西 巧敏さん
    大阪府 私立上宮高校出身
  • 障がいのある方との関わりが増え学びの内容が濃くなりました。

    整形外科学や内科学などでさまざまな疾患について学んだり、作業療法評価学では各領域の評価について勉強。先生や学生、障がいを持つ方と関わることができるフレンドリーアクションの運営もあります。施設などの実習が増えて学びの内容が濃くなり、座学では学べないこともたくさん知ることができました。

    渡辺 瑞生さん
    滋賀県立石山高校出身
  • 対象者の困りごとを解決する実践的な論議が増えました。

    対象者の方が、今後の社会生活を送るためにどうすればよいかといった、より実践的な内容をディスカッションすることが多くなりました。困っていることを解決するには、これまで勉強してきた知識や技術を総合的に考えてみることが大切。この学びを活かし、将来は障がいのある子どもをサポートしたいです。

    森川 詩奈さん
    広島県 私立比治山女子高校出身
ページの先頭に戻る
閉じる
ページの先頭へ戻る