学部・専攻科・大学院

言語聴覚専攻科

在学生からのメッセージ

  • 臨床の現場で裏付けられた知識を学ぶことができます。

    進学先を決める際、いくつかの学校の説明会に参加しましたが、中でもOHSUの体験講義では、嚥下障がいについてわかりやすく解説を受けたことが印象に残りました。ここなら、確実にSTを目指すことができると。事実、第一線で活躍中の先生たちから教わることは、臨床経験で得られた貴重な内容で、実際の患者様から学ぶ機会も豊富にあり、学びの手ごたえを感じています。

    堀川 彰宏さん
    龍谷大学出身
  • 研究してきた言語学を社会に役立てたいと思い入学しました。

    家族が医療関係の職に就いていたこともあり、大学院で言語学の研究をするうちに、学問として追究するだけでなく、その知識を社会に役立てたいと思うようになりました。OHSUの授業は専門性が高く、言語聴覚障がいに関する全領域をカバーする先生方の授業は、見識を深められます。Wi-Fiが使えるなど、設備面の充実ぶりも学習を応援してくれる環境です。

    藤田 亜弓さん
    京都大学大学院出身
  • 自己を知ることで「こころ」を見つめる臨床心理学が印象的。

    親類に言語聴覚士による長期的な訓練を受ける子どもがおり、リハビリテーションに関心がわき、STの国家資格を取得しようと思いました。現在、臨床心理学の授業が興味深く、自己を知ることを通して人間の心理に迫る学習が印象的です。STになったら研究を重ね、学会発表などを通じて多くの対象者の訓練や治療に貢献したいです。

    岡本 翔太さん
    立命館大学出身
ページの先頭に戻る
閉じる
ページの先頭へ戻る