学部・専攻科・大学院

言語聴覚専攻科

カリキュラム

積み重ね方式の学習システムで、知識ゼロからでも学びやすい。
基礎を学んでから専門分野へ

基礎医学→臨床医学→専門分野へ。段階を踏んで学べるから理解しやすい。

OHSUでは基礎知識から専門知識へ段階的に学習します。例えば1年次前期の4〜6月に基礎医学の「解剖学」を修めたあと、「神経系医学」(臨床医学)を学び、その中盤から専門分野の「高次脳機能障害」の時間割を組み立てています。つまり、可能な限り、基本となる科目の後に専門的・臨床的な科目を配置するようにしています。基礎も専門分野も同時並行で学ぶのと違い、効率的に理解できます。

専門分野も段階的に学習

1年次でしっかり基礎を固めたあと、2年次では臨床講義に取り組みます。

それぞれの専門科目内においても、2年間で段階的に学習を積み重ねられるように配慮しています。たとえば失語症の場合、1年次に「基礎」(失語症Ⅰ)、「評価」(同Ⅱ)、「訓練」(同Ⅲ)を学習。2年次でより実践的な「臨床講義」(同Ⅳ)へと進み、専門性を身につけます。1年で失語症に関する基本的な知識を体得後、2年では失語症の方の協力を得て、実習主体の臨床講義に取り組めるステップです。

カリキュラム
1年次 対象者の理解に必要な基礎知識を学び、症状や状態像を捉える臨床の目を養います。 学外実習を通して臨床の現場で経験を積みます。
専門基礎科目
  • 解剖学
  • 生理学
  • 病理学
  • 精神医学
  • リハビリテーション医学
  • 耳鼻咽喉科学
  • 臨床神経学
  • 臨床歯科医学
  • 口腔外科学
  • 神経系医学(神経系の構造、機能、病態)
  • 臨床心理学Ⅰ(理論と分類)
  • 臨床心理学Ⅱ(査定と心理療法)
  • 生涯発達心理学Ⅰ(乳幼児期)
  • 生涯発達心理学Ⅱ(幼児期~老年期)
  • 学習・認知心理学Ⅰ(感覚・知覚・学習・記憶)
  • 学習・認知心理学Ⅱ(思考・言語)
  • 心理測定法
  • 言語学Ⅰ(音声学・形態論)
  • 言語学Ⅱ(文法・意味・社会言語学)
  • 音響学Ⅰ(一般音響学)
  • 音響学Ⅱ(音響音声学・聴覚心理学)
  • 言語発達学
  • リハビリテーション概論
専門科目
  • 言語聴覚障害学概論
  • 言語聴覚障害診断学
  • 失語症Ⅰ(基礎)
  • 失語症Ⅱ(評価)
  • 失語症Ⅲ(訓練)
  • 高次脳機能障害Ⅰ(概論)
  • 高次脳機能障害Ⅱ(評価)
  • 言語発達障害Ⅰ(援助法-基礎)
  • 言語発達障害Ⅱ(概論)
  • 言語発達障害Ⅲ(評価法-基礎)
  • 言語発達障害Ⅳ(評価法-各論)
  • 構音障害Ⅰ(臨床の基礎)
  • 構音障害Ⅱ(機能性)
  • 構音障害Ⅲ(器質性)
  • 構音障害Ⅳ(運動障害性)
  • 嚥下障害Ⅰ(基礎と評価)
  • 嚥下障害Ⅱ(訓練と画像診断)
  • 吃音
  • 聴覚障害Ⅰ(概論)
  • 聴覚障害Ⅱ(聴覚検査法)
  • 臨床実習Ⅰ
  • 臨床実習Ⅱ

2年次へ

2年次 臨床実習、臨床講義(学内実習)を通じて、検査・評価・訓練の能力を身につけます。 国家試験対策で言語聴覚士試験に備えます。
専門基礎科目
  • 医学総論(公衆衛生・精神保健含む)
  • 内科学(老年医学含む)
  • 小児科学
  • 形成外科学
  • 呼吸発声系医学(呼吸発声発語系の構造、機能、病態)
  • 聴覚系医学(聴覚系の構造、機能、病態)
  • 音声学
  • 社会保障制度
  • 医療福祉教育・関係法規
専門科目
  • 言語聴覚障害特論
  • 失語症Ⅳ(臨床講義)
  • 高次脳機能障害Ⅲ(臨床)
  • 言語発達障害Ⅴ(援助法-各論)
  • 言語発達障害Ⅵ(援助法-応用)
  • 言語発達障害Ⅶ(援助法-臨床)
  • 音声障害
  • 嚥下障害Ⅲ(事例・臨床)
  • 嚥下障害Ⅳ(チームアプローチ)
  • 聴覚障害Ⅲ(各論)
  • 補聴器・人工内耳
  • 視覚聴覚二重障害
  • 臨床実習Ⅲ
ページの先頭に戻る
閉じる
ページの先頭へ戻る