専攻科
Postgraduate Course,
Diploma Program in
Communication Sciences

言語聴覚専攻科

医療・福祉・教育分野で
言語、聴覚等に障がいを抱えた方の
社会復帰を助ける。

病気や事故、あるいは発達上の問題で損なわれた言語、聴覚、発声、認知などの
障がいを持つ方に対し、社会参加を支援する言語聴覚士。
また、摂食・嚥下がうまくできない人のリハビリテーションにも取り組みます。
医学(発声・言語・聴覚系)をはじめ、臨床歯科医学、心理学、失語・高次脳機能障害学、嚥下障害学など、
幅広い専門知識を修得し、真摯に対象者に向き合い、ひたむきに自らの職務を遂行できる言語聴覚士を養成します。

目標とする資格

  • 言語聴覚士(国家資格)

活躍のフィールド

  • 一般病院
  • 地域医療支援病院
  • 特定機能病院
  • リハビリテーションセンター
  • 介護老人保健施設
  • デイケアセンター
  • 訪問リハビリテーション施設
  • 行政機関
  • 教育機関
  • 保健センター

PT

学びのポイント

+1の教育力

カリキュラム設計

積み重ね方式の学習システムで、1から学べる環境がある。

基礎づくりから応用へと段階的に組まれた「カリキュラム」を構築。知識のない方でも心配いりません。

臨床実習

現場で信頼されるSTを育てるプログラム。

学生の成長に合わせた「臨床実習」を実施。必要な知識・技術を段階的に習得します。

講師

臨床で役立つ技能が身につく講師陣。

領域ごとに専門教員を配置。頼れるスペシャリストたち。各分野のプロフェッショナルが、学生一人ひとりの学びを手厚くサポートします。

+1の国家試験対策

国家試験合格率は
16年連続全国No.1!

個々の学習レベルに応じた国家試験対策。本学ならではの行き届いたサポートで修了生全員が言語聴覚士に!

+1の就職サポート

学生一人ひとりの将来を手厚くサポート。

マンツーマンで一人ひとりの希望に合わせた指導を行います。
また、就職活動をサポートするプログラムも充実しています。

圧倒的な求人数と求人倍率

500名以上のSTを輩出している本学は、その卒業生の臨床現場での活躍もあり、全国の病院や福祉施設から高い評価を受けており、毎年、多くの求人がきます。そのため、自分の希望に合った就職先を見つけることが可能です。

2年間の学び

積み重ね方式の学習システムで、1から学べる環境がある。

1年次

基礎医学→臨床医学→専門分野へ。段階を踏んで学べるから理解しやすい。

ST専攻科では可能な限り、基本となる科目の後に専門的・臨床的な科目を配置するようにしています。例えば、1年次前期の4〜6月に基礎医学の「解剖学」を修めたあと、「神経系医学」(臨床医学)を学び、その中盤から専門分野の「高次脳機能障害」の時間割を組み立てています。基礎も専門分野も同時並行で学ぶのと違い、効率的に理解できます。

2年次

1年次でしっかり基礎を固めたあと、2年次では臨床講義に取り組みます。

それぞれの専門科目内においても、2年間で段階的に学習を積み重ねられるように配慮しています。例えば、失語症の場合、1年次に「基礎」(失語症Ⅰ)、「評価」(同Ⅱ)、「訓練」(同Ⅲ)を学習。2年次でより実践的な「臨床講義」(同Ⅳ)へと進み、専門性を身につけます。1年次で失語症に関する基本的な知識を体得後、2年次では失語症の方の協力を得て、実習主体の臨床講義に取り組めるステップです。

シラバスはこちら

授業PICKUP!

音響学

話すことや聞くことに関わる
「音」の科学を学びます。

音の大きさや高さなどの表し方や、聴覚器官で音が聞こえる仕組み、声の物理的な性質などを学びます。音声や聴覚の障がいに関わる言語聴覚士には音に関する基礎知識が必要です。

嚥下障害

摂食嚥下が困難な人の
評価・支援の方法を習得。

口、舌、頬、喉、鼻の仕組みや働きなど嚥下(食べもの・飲みものの飲み込み)のメカニズムを理解し、観察や検査で正しく評価できるまで学習します。知識だけでなく、手技を身につけるため実際に人体に触れ、実技試験や引率実習にも取り組みます。

聴覚検査演習

実際の医療機関で使われている機器を使い、
各種聴力検査の技術を習得。

聴覚検査に使用される「オージオメーター」と呼ばれる機器を使用して、純音聴力検査や語音聴力検査などの手法を習得します。また、脳波を測定して聞こえの状態を確かめる検査も学びます。

臨床講義(小児)

実際に子どもと関わりながら
臨床的な考察と実践スキルを養います。

小児領域の臨床講義では、子どもと関わりながら、その子の発達レベルや障がい特性を評価し、遊びなどを通して子どものことばやコミュニケーションの発達を促す指導を実践します。