学部・専攻科・大学院

言語聴覚専攻科

専攻科 言語聴覚専攻科 入学資格:4年制大学卒業以上

大阪保健医療大学 言語聴覚専攻科 特設サイト

高度な専門知識とスキルを養い、医療・福祉・教育分野などで活躍する。

病気や事故、あるいは発達上の問題で損なわれた言語、聴覚、発声、認知などの障がいをかかえた人に対し、社会参加を支援する言語聴覚士。また、摂食・嚥下がうまくできない人のリハビリテーションにも取り組みます。
医学(発声・言語・聴覚系)をはじめ、心理学、失語・高次脳機能障害、嚥下障害など、幅広い専門知識を修得し、真摯に対象者に向き合い、ひたむきに自らの職務を遂行できる言語聴覚士を養成します。

専攻科主任からのメッセージ

言語聴覚専攻科 専攻科主任 大西 環 先生 言語聴覚専攻科 専攻科主任/教授 大西 環 先生

信頼されるあたたかいセラピストを目指して欲しい 言語聴覚士は、赤ちゃんから高齢の方までさまざまな方を対象にし、関わる領域も言語・聴覚・嚥下と幅広いものです。いろいろな知識と技術が必要であることは言うまでもありません。その知識や技術を身につけるために、「講義は基礎からわかりやすく、段階的・反復的に進める」ことを大切にしています。幸い、専門領域ごとに多くの著名な先生がご協力くださり、基礎から懇切に教えてくださっています。
そして、もう一つ大切にしていることは、対象者の方に信頼されるセラピストになることです。それは、知識と技術だけではなれません。当専攻科では、言語聴覚障害の方にご来校いただき、1年次には対話会、2年次で臨床講義を行って、対象者の方を知り、考える機会をできるだけ多く設定しています。これは、対象者の方が「その人らしく、いきいきと過ごすために言語聴覚士が何をすればよいか」を知る過程となります。
信頼される言語聴覚士、それが私たちの目指す言語聴覚士です。学生のみなさんには、言語聴覚士としての知識と技術と心を育みながら、夢を実現してほしいと願っています。

専攻科概要
目指す資格
言語聴覚士(国家資格)
活躍のフィールド
一般病院 地域医療支援病院 特定機能病院 リハビリテーションセンター
介護老人保健施設 デイケアセンター 訪問リハビリテーション施設 行政機関
教育機関 保健センター etc.  
言語聴覚専攻科 新着情報
過去の新着情報を見る
ページの先頭に戻る
閉じる
ページの先頭へ戻る