学部・専攻科・大学院

活躍の場

さまざまな障がいを持つ方や、高齢の方、アスリートまで、さまざまな人々がセラピストのサポートを必要としています。
医療機関はもちろん、各種施設、学校、機関など、活躍できる場所がいっぱい。
すべての人々が健やかで楽しい社会生活を送るために、貢献できるお仕事が多彩に広がっています。

理学療法士 作業療法士 言語聴覚士
医療 医療

入院早期より治療をスタート。再発などのリスクに細心の注意を払いながら行います。
医師との連携をはかりながら、日々変化する対象者の状態を的確に把握し、状態に応じた運動を行うとともに、「起き上がる」「座る」「立つ」「歩く」等の活動や日常生活動作の獲得を目指します。

医療

作業療法士の多くは、一般病院やリハビリテーション病院、精神・神経科の病院で活躍しています。小児期から老年期の方、また心身機能に加え、精神や心理機能の障がいをもつ方々まで幅広くサポート。生活や仕事、仲間と過ごすために必要な技能を習得してもらい、より自分らしい毎日を送ってもらえるように支援するのが仕事です。

医療

ほとんどの言語聴覚士は一般病院やリハビリテーション病院などの医療機関で活躍しています。成人では失語・高次脳機能障がい、摂食・嚥下障がい、運動障がい性構音障がいなどによる「ことば」「食べること・飲むこと」のリハビリを担当。子どもでは聴覚障がい、口唇口蓋裂などの障がいの訓練に携わることもあります。

福祉・介護
保険施設
福祉・介護保険施設

施設に入所している対象者へは、なるべく自宅で生活ができることを目標に、座る・立つ・移動するといった基本的な動作や、着替えやトイレなど生活する上で必要な活動が可能な限り自立できるようにアプローチを行います。自宅で生活している対象者へは、通所リハビリテーションや訪問リハビリテーションなどで理学療法を提供しています。

福祉・介護保険施設

身体障がい・知的障がい児施設では発達過程で必要な運動機能や、コミュニケーションなどの技能を支援。身体・知的・精神障がい者施設では、日常生活や、人や集団との関わりづくり、職業に就くための技能習得をサポートします。介護保険施設などの高齢者福祉では、狭くなった生活範囲を広げ、人間関係や社会的役割をつくる支援をします。

福祉・介護保険施設

障がい児(者)福祉では、身体障がい者福祉施設、障がい児通園施設、難聴幼児通園施設、重症心身障がい児(者)施設、発達支援センターなどで「ことば」「聞こえ」「食べること・飲むこと」のリハビリを担当。高齢者福祉では、介護老人保健施設や特別養護老人ホーム、訪問リハビリテーションなどに関わり、リハビリを実施しています。

スポーツ
関連
スポーツ関連

競技能力の向上やケガの予防のために、身体機能の測定やスポーツ動作の分析を行い、効果的なトレーニングのアドバイスを行います。
また、選手がケガをした際には、できるだけ早く競技復帰できるようにサポートを行います。障がい者スポーツの支援も取り組んでいます。

スポーツ関連

スポーツを日常生活のなかに取り入れたり、趣味として楽しむ取り組みを支援します。 また障がい者の方がスポーツを楽しむための機会づくりや、スポーツで自分の可能性を感じてもらう取り組み、環境整備の必要性などを社会に伝えています。

スポーツ関連
行政機関 行政機関

主に高齢者福祉に関する業務が多く、診療所・保健所業務、訪問リハビリテーションなどの機能訓練業務を行っています。また、市民の健康増進をはかり、成人病やメタボリックシンドロームの予防や高齢者が要支援者や要介護者にならないよう、体力測定や健康教室などを開催しています。その他、地域の健康や福祉サービスなどに関する調査・研究を行っています。

行政機関

保健所や保健センターなどで、地域住民の健康増進をサポート。児童相談所や高齢者相談センターでは、育児や介護の相談、虐待防止のための相談や制度利用を支援。国や公立医療機関のリハビリテーションサービスで活躍することもあります。

行政機関

公務員として公立病院で働く言語聴覚士もいます。また、自治体の保健センターや児童相談所などに採用される場合もあります。行政の仕事は幅広いため、国や地方自治体によってカバーする仕事の範囲は多様です。

教育・
研究機関
教育・研究機関

特別支援学校の教員資格を取得し、特別支援学校で肢体不自由児を中心とした自立支援活動を行っています。
また、理学療法士を養成する大学や専門学校で教育活動を行っています。大学は研究機関としての役割もあわせもち、骨・関節などの人体の基礎的な研究から、障がい者の社会参加に関する研究などを手がけています。

教育・研究機関

教育機関
特別支援学校や支援学級で、知的障がいや肢体不自由児などの特別支援教育にあたります。非常勤外部専門職として学校教育に関わることもあります。

研究機関
大学や医療機関付属研究施設、公的研究機関で、作業療法に関する基礎研究や臨床研究に従事。多くは大学院修了など専門分野の研究実績が必要。

教育・研究機関

教育機関
学校教諭免許と合わせて資格を持ち、特別支援学校や支援学級で知的障がいや肢体不自由児などの支援を担当。外部専門職として関わることも。

研究機関・養成教育
大学や医療機関付属研究施設、公的研究機関で、言語障がいに関する基礎研究や臨床研究に従事。多くは各分野の大学院修了などの研究実績が必要。また、大学や専門学校でSTの養成に従事している有資格者もいます。

ページの先頭に戻る
閉じる
ページの先頭へ戻る