大学案内

大学ポリシー

リハビリテーション学科 理学療法学専攻ポリシー

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマポリシー)

本専攻が目指すところは、本学の人材育成方針に則り社会に求められる臨床家、理学療法士を育成するところにあり、その具体的な要件を示す。

  • 1.理学療法士国家試験に合格できる知識及び思考力・判断力を習得している(専門知識・技術)
  • 2.理学療法士として臨床的問題解決に必要な知識・技能、思考力・判断力を身につけている(専門知識・技術)
  • 3.理学療法士として対象者のために自身は何ができるのかを全力で真摯に考える態度、すなわち献身的、共感的態度が備わっている(献身・共感)
  • 4.理学療法士として探究と創造の姿勢を持ち、自ら学び、学ぶ意義を対象者の中に見出すことができる(自負・創造)
  • 5.対象者の問題解決に向けて、必要に応じて多様な人々と主体性を持って協働して学ぼうとする態度とコミュニケーションスキルを身につけている(傾聴とコミュニケーション)
教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)

ディプロマポリシーに示された要件を満たす理学療法士を育成するため、履修系統図に示すような段階的、階層的学びを可能とするカリキュラム編成とする。

  • 1.知識や技能の習得にあたっては段階的・階層的に学べる編成とする(DP1、2)

    編成の実際は教育課程に示すとおりであり、教授に当たっては反転学習やジグソー法といった学習を促す教育技法を取り入れる。

  • 2.実習や演習を講義科目と連携できるように配置し、知識と技術の統合を促す実学重視の科目配置とする(DP1、2)
  • 3.段階的、階層的カリキュラムの履修にあたっては、次段階までに必要な知識・技術を十分に修得し次段階にステップアップできるように配慮する(DP1、2)

    適宜個々人の修得状況を把握し(学修履歴や学修計画の確認と助言)、個別の修得度に応じた、また年次進行に応じた学修支援体制を導入する。

  • 4.それぞれの科目がなぜ理学療法学の習得に必要なのかを明確にして教授する(DP1、2)

    カリキュラムの意図を学生自らが理解し学位取得に到達できるように、各科目が理学療法学を学ぶにあたってなぜ必要なのかを明確に示し教授する。

  • 5.学外での臨床実習にあたっては段階的な学びの機会となるように配慮する(DP1、2)

    実習目標のみでなく、指導者についても帯同教員による指導を主とした体制に始まり、学外の指導者を中心とした指導体制に移行するような段階的編成とする。

  • 6.本専攻が目指す人材を育成するためには、国家試験に合格し資格を有することが前提となるが、各科目においては早期より国家試験を意識した授業展開とする(DP1)
  • 7.自らの学びを促すためアクティブラーニングの機会を適宜設ける(DP4)

    自らが希望する施設の見学や社会貢献活動への参画など適宜学外での自主活動の機会を提供する。

  • 8.主体性を持って多様な人々と協働し学ぶ態度を育むため、早期よりグループ学習や学年を超えた学習の機会を設ける(DP3、5)

※DPとは、ディプロマポリシーを示す。

入学者受入れの方針(アドミッションポリシー)

ディプロマポリシーを満たし学位を取得するために必要な入学者受け入れ要件を示す。

  • 1.リハビリテーションや理学療法の対象となる人々の健康や生活、疾病や障がいに関心を持っている人
  • 2.自身が目指そうとする進路や職業を理解しようと行動できる人
  • 3.相手の主張や気持ちを受け止め、理解するための基本的な注意や応答ができる人
  • 4.自らの主張や意見を表出できる人
  • 5.自律した生活を送るための思考力、判断力を有し、自身の役割や責任を果たすこと ができる人
  • 6.理学療法士に必要な知識や技術を学ぶための基本的な能力を有している人
    1)授業内容を習得できる学習のための基礎的能力(読み、書き、聴く、まとめる)
    2)従来の学習経験から習得した一定の学力(知識・思考力)
  • 7.理学療法士に必要な知識、技能の習得に際して、主体性をもって計画・行動し、努 力を惜しまない態度・姿勢を有している人(自主性・積極性)
  • 8.主体性を持って多様な人々と協働し学ぶ態度を有している人
  • 9.理学療法士として生涯にわたって自己研鑽し、社会や健康増進に貢献しようとする強い意志を持っている人(自らの選択と持続性)

リハビリテーション学科 作業療法学専攻ポリシー

卒業認定・学位授与の方針(ディプロマポリシー)

本専攻が目指すところは、本学の人材育成方針に則り社会に求められる臨床家、作業療法士を育成するところにあり、その具体的な要件を示す。

  • 1.作業療法士国家試験に合格できる知識と思考力を習得している(専門知識・技術)
  • 2.作業療法実践の現場で必要な知識を身につけている(専門知識・技術)
  • 3.対象者のために作業療法士として自身は何が出来るのかを真摯に考える態度が備わっている(献身・共感)
  • 4.作業療法士として自ら学ぶ姿勢と学ぶ意義を対象者の中に見出すことが出来る(自負・創造)
  • 5.作業療法の対象者や対象者の問題解決に関わる様々な職種の方々と良好な関係を構築するコミュニケーションスキルと管理調整能力を身につけている(傾聴とコミュニケーション)
教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)

ディプロマポリシーに示された要件を満たす作業療法士を育成するため、履修系統図に示すような段階的、階層的学びを可能とするカリキュラム編成とする。

  • 1.作業療法に必要な基礎知識、専門知識・技術、臨床能力を段階的、階層的に学び、また振り返りを可能とするカリキュラム編成とする(DP1、2)

    教育課程および履修系統図に示すとおり、教養、専門基礎知識、専門知識及び技術、臨床実践能力が階層的に修得できるように配置する。

  • 2.段階的、階層的カリキュラムの実施において、次段階までに必要な知識・技術を十分に修得して次段階にステップアップする制度を導入する(DP1、2)

    本カリキュラムは学年制であり、各段階の習得が認められたうえで次段階へ進むことが出来る。各段階で習得できなかった場合は、その段階の専門科目を再習得しなければならない仕組みとする。

  • 3.それぞれの科目がなぜ作業療法に必要なのかを明確にして教授する(DP1、2)

    科目や学習内容を、国際生活機能分類等を参考に、その位置づけと必要性を確認し教示する。

  • 4.作業療法実践現場で十分な能力が発揮できるように、実習や演習を講義科目と連携して実践し、知識と技術の統合を図る(DP2)

    各学年に講義内容や学習段階に応じた学内演習および臨床実習を配置し、その前後にも学習機会を設けて、知識と技術の統合を促す。

  • 5.本学が目指す人材を育成するためには、国家試験に合格し、国家資格を有することが前提である。そのため、国家試験を意識したカリキュラム、講義を実践する(DP1)

    国家試験出題基準等をとおして、科目がどこに位置づけられているかが教授側、学生側の両者が確認できるようにシラバスに基準を記載する。

  • 6.他者の主張や思いを理解して適切に対応する能力及びその対応を実践する(DP3、5)

    経験と指導をとおして習得できるように、科目内や学年を越えたグループ活動を配置することで学生同士のコミュニケーションの機会を設ける。また、対教員、学内作業療法実習による対象への対応、臨床実習における対象者、指導者、関係者とのコミュニケーションの機会を提供する。

  • 7.自ら学び探究する能力を養うための講義、演習を実施する(DP4)
    卒業研究をとおして実践できるように指導する。

※DPとは、ディプロマポリシーを示す。

入学者受入れの方針(アドミッションポリシー)

ディプロマポリシーを満たし学位を取得するために必要な入学者受け入れ要件を示す。

  • 1.作業療法の職能に強い興味を持ち、自己の適性を正しく認識し、それを明確に表現できる人
  • 2.作業療法の対象者の健康増進の大切さを理解し、他者と協力してそれに貢献したいと強く願う人
  • 3.作業療法士として対象者の主張や気持ちを受け止め、共感、理解したうえで対応する能力を備えている人
  • 4.作業療法士に必要な知識や技術を学ぶための思考力や判断力など基本的学習能力と基本的な学習経験がある人
  • 5.時代のニーズに対応できる作業療法に必要な知識や技術の獲得に主体的であり、努力を惜しまない人

言語聴覚専攻科ポリシー

修了認定の方針(ディプロマポリシー)

本専攻科が目指すところは、本学の人材育成方針に則り社会に求められる臨床家、言語聴覚士を育成するところにあり、その具体的な要件を示す。

  • 1.言語聴覚士国家試験に合格できる知識及び思考力を習得している(専門知識・技術)
  • 2.言語聴覚士の臨床に必要とされる知識・技能、思考力・判断力を身につけている(専門知識・技術)
  • 3.言語聴覚士として対象者のために自身は何ができるのかを真摯に考え、献身的、共感的態度が備わっている(献身・共感)
  • 4.言語聴覚士として探究と自己研鑽の姿勢を持ち、自ら学び、学ぶ意義を対象者の中に見出し、学びを還元することができる(創造)
  • 5.必要に応じて多様な人々と良好な関係を築くコミュニケーションスキルをもち、言語聴覚士として主体性を持って協働する態度を身につけている(傾聴とコミュニケーション)
  • 6.言語聴覚士として誇りをもち、対象者の問題解決に向けて専門性を発揮し、最善を尽くすことができる(自負)
教育課程編成・実施の方針(カリキュラムポリシー)

ディプロマポリシーに示された要件を満たす言語聴覚士を育成するため、段階的、階層的な学びを可能とするカリキュラム編成とする。

  • 1.言語聴覚療法に必要な基礎知識、専門知識・技術、臨床能力を段階的、階層的に学ぶことができるカリキュラム編成とする(DP1、2)

    教育課程に示す通り、専門基礎知識、専門知識及び技術、臨床実践能力が階層的に修得できるカリキュラムとなっている。

  • 2.臨床実習を講義科目と連携できるように配置し、知識と技術の統合を促す実学重視の科目配置とする(DP1、2)

    臨床実習は3回に分けて実施し、各々「臨床の見学」「評価」「訓練」を主眼においた内容とする。

  • 3.段階的、階層的カリキュラムの履修にあたっては、次段階までに必要な知識・技術を十分に修得し次段階にステップアップできるように配慮する(DP1、2)

    適宜個々人の修得状況を把握し、個別の修得度に応じた、また年次進行に応じた学修支援体制を導入する。

  • 4.それぞれの科目がなぜ言語聴覚療法学の習得に必要なのかを明確にして教授する(DP1、2)

    科目や学習内容について、言語聴覚療法におけるその位置づけと必要性を確認し教示する。

  • 5.本学が目指す人材を育成するためには、国家試験に合格し、国家資格を有することが前提である。そのため、国家試験を意識したカリキュラム、講義を実践する(DP1)

    国家試験出題基準を視野に入れた授業内容とし、模擬試験や講義、グループ指導等必要な対策を講じる。

  • 6.他者の主張や思いを理解し、対象者の問題解決や自己の課題に適切に対応する能力を身につける機会を設ける。(DP2、3、4、5、6)

    グループ学習や対象者を招いて実施する講義、臨床実習を各学年の課程に組み、教員によるフィードバックを丁寧に行う。

  • 7.自ら学び探究する能力を養うための講義、演習を実施する(DP4)

    グループ学習や対象者を招いて実施する講義での活動を通して、主体的に学ぶ場を提供する。

※DPとは、ディプロマポリシーを示す。

入学者受入れの方針(アドミッションポリシー)

ディプロマポリシーを満たし、課程を修了するために必要な入学者受け入れ要件を示す。

  • 1.人々との交流を大切にし、相手の主張や気持ちを受け止め、主体性を持って多様な人々と協働し学ぶ態度を有している人
  • 2.言語聴覚士に必要な知識や技術を学ぶための基礎的な学力、思考力、判断力、表現力を有し、知識や技術を深めるための学習を実践できる人
  • 3.言語聴覚療法に必要な知識や技術の獲得に主体的であり、努力を惜しまない人
  • 4.豊かな人間関係を築くためのコミュニケーション能力を有する人
  • 5.言語聴覚士として生涯にわたって自己研鑽し、社会や健康増進に貢献しようとする強い意志を持っている人
ページの先頭に戻る
閉じる
ページの先頭へ戻る